高専・大学 初歩から学ぶ基礎物理学 力学Ⅰ

初歩から学ぶ基礎物理学 力学Ⅰ
定価
1,500円+税
A5判 / 180頁
ISBN
978-4-477-02049-5

978-4-477-02049-5

購入したい

著者
柴田洋一(小山工業高等専門学校教授),勝山智男(沼津工業高等専門学校名誉教授),鈴木三男(福島工業高等専門学校教授),長澤修一(函館工業高等専門学校教授),加藤清考(小山工業高等専門学校准教授),青山歓生(和歌山工業高等専門学校教授)
校閲
高木隆司(東京農工大学名誉教授),早野龍五(東京大学名誉教授),青野修(自治医科大学名誉教授),高橋邦夫(木更津工業高等専門学校名誉教授),工藤康紀(大分工業高等専門学校名誉教授),中野公世(元早稲田大学本庄高等学院教諭)
  • 物理学のうち,力や運動を扱うのが「力学」です。物理の考え方を学ぶには,この力学が基本になります。「力学Ⅰ」では,初めて物理を学ぶ方でもなじみのある,身近で具体的な例を提示しながら,やさしい表現で物理の世界に導入していきます。

目次

第1章 物体の運動
速度・変位・加速度/平面運動と速度ベクトル/落下運動
第2章 力と運動
力/力のつりあい/力の具体的な例/ニュートンの運動の三法則/運動方程式の応用
第3章 運動量保存則
力積と運動量/運動量保存則/反発係数(はね返り係数)
第4章 力学的エネルギー保存則
仕事と仕事率/力学的エネルギー
第5章 等速円運動と単振動
等速円運動/単振動
第6章 万有引力の法則
惑星の運動/万有引力の法則
付録
次元と単位/有効数字/グラフの描き方/物理のための数学

物理の初学者が理解しやすい丁寧な導入

本書では「運動」を物理的に表現していくことからはじめます。まず中学校で学んだ直線運動の速さについてきちんと整理してから,新しい内容を学習していく構成になっています。

第1章 物体の運動

力学Ⅰ p.8-9 力学Ⅰ p.8-9 解説

解説をかくす

力学Ⅰ p.14-15 力学Ⅰ p.14-15 解説

解説をかくす

力学Ⅰ p.16-17 力学Ⅰ p.16-17 解説

解説をかくす

公式の視覚化

公式を使いこなせるようになれば,物理の理解は一気に進みます。ただ,公式を使うためには,現象と公式が頭の中で結びつかなければなりません。

そこで,公式をイメージしやすいように,図を使いながら具体的な場面を提示しています。

第1章 物体の運動

力学Ⅰ p.20-21 力学Ⅰ p.20-21 解説

解説をかくす

具体例を取り入れた例題や問題

公式を使うには,問題を解かなければなりません。本書は,具体的な現象をイメージしやすいように,実例にもとづいた例題や問題を多く取り入れました。

実例にもとづいた例題や問題であれば,公式をスムーズに適用することができて,公式の定着につながります。

第1章 物体の運動

力学Ⅰ p.30-31 力学Ⅰ p.30-31 解説

解説をかくす

図や説明の活用

イメージしにくい概念を図やグラフを使ってやさしく説明しました。

第1章 物体の運動

力学Ⅰ p.26-27 力学Ⅰ p.26-27 解説

解説をかくす

第4章 力学的エネルギー保存則

力学Ⅰ p.96-97 力学Ⅰ p.96-97 解説

解説をかくす

第5章 等速円運動と単振動

力学Ⅰ p.121-122 力学Ⅰ p.121-122 解説

解説をかくす

「参考」の充実

各章に関連する興味深い話題や,本文を補う説明を「参考」として取り上げました。

本文からの流れを大切にしつつ,歴史的な話題,発展的な話題など,各章の理解を深める内容を紹介しています。

第2章 力と運動

力学Ⅰ p.56-57 力学Ⅰ p.56-57 解説

解説をかくす

力学Ⅰ p.62-63 力学Ⅰ p.62-63 解説

解説をかくす

「巻末」の充実

「次元と単位」「有効数字」「物理のための数学」など,物理を学ぶ上で知っておきたいことを巻末にまとめました。

付録

力学Ⅰ p.157-158 力学Ⅰ p.157-158 解説

解説をかくす

力学Ⅰ p.160-161 力学Ⅰ p.160-161 解説

解説をかくす

力学Ⅰ p.163-164 力学Ⅰ p.163-164 解説

解説をかくす

力学Ⅰ p.166-167 力学Ⅰ p.166-167 解説

解説をかくす

力学Ⅰ 問題集はこちら

WEBストアへのリンク