星や月

今月の天体図

  • 星や月 TOPへ

7月の天体図2022年

  • 全天
  • 北天
  • 南天
7月の天体図|全天|星座線 7月の天体図|全天|星座名 7月の天体図|全天|星名 7月の天体図|全天
7月の天体図|北天|星座線 7月の天体図|北天|星座名 7月の天体図|北天|星名 7月の天体図|北天
7月の天体図|南天|星座線 7月の天体図|南天|星座名 7月の天体図|南天|星名 7月の天体図|南天
  • 星座線
  • 星座名
  • 星名

7月7日は七夕です。多くの地域では、梅雨時期のため星空が見えるチャンスは少ないです。
国立天文台では、旧暦の七夕(伝統的七夕)の日を公表していて、今年は8月4日になります。七夕を2回も楽しむことができるのは、嬉しいことです。
北の空では、カジオペヤ座が昇ってきました。北極星を探す目じるしになる北斗七星とカシオペヤ座が同時に観察できる時期になりました。

今月は、梅雨空で星空に出会える日も少なくなります。梅雨は梅の実が熟す頃に降る雨ということで梅が使われたという説があります。
南の空では、さそり座が南中しようとしています。さそり座の尾から、となりのいて座の星空が、天の川銀河の中心方向になります。空の条件のよいところでは、肉眼でもはっきりと天の川を観察することができます。