尺貫法
江戸時代の日本では,長さの単位に尺,質量の単位に貫を基本の単位とした単位系「尺貫法」が使われていました。
明治時代,1885年に国際的な単位の統一を目的としたメートル条約に加盟し,1891年に度量衡法が公布されたのを機に,メートル法(長さの単位にメートル m,質量の単位にキログラム kg を基準とした単位系)が普及していきました。
1951年の計量法によって,尺貫法を取引や証明に使うことが禁止されましたが,いくつかの単位は今も身のまわりで目にすることがあります。
尺貫法の長さの単位
1 里(り) \[=\] 36 町 \[=\] 3.9273 km
1 町(ちょう) \[=\] 60 間 \[=\] 109.09 m
1 間(けん) \[=\] 6 尺 \[=\] 1.8182 m
1 尺(しゃく) \[=\] \[\frac{1}{3.3} \text{m}\] \[=\] 30.303 cm
1 寸(すん) \[=\] \[\frac{1}{10} \text{尺}\] \[=\] 3.0303 cm
1 分(ぶ) \[=\] \[\frac{1}{10} \text{寸}\] \[=\] 3.0303 mm
尺貫法の面積の単位
1 町(ちょう) \[=\] 10 反 \[=\] \[9917.4 \text{m}^2\]
1 反(たん) \[=\] 10 畝 \[=\] \[991.74 \text{m}^2\]
1 畝(せ) \[=\] 30 坪 \[=\] \[99.174 \text{m}^2\]
1 坪(つぼ) \[=\] 1 平方間 \[=\] \[3.3058 \text{m}^2\]
尺貫法の体積の単位
1 石(こく) \[=\] 10 斗 \[=\] 180.39 L \[=\] \[183 900 \text{c}\text{m}^3\]
1 斗(と) \[=\] 10 升 \[=\] 18.039 L \[=\] \[18 390 \text{c}\text{m}^3\]
1 升(しょう) \[=\] \[\frac{2401}{1331} \text{L}\] \[=\] 1.8039 L
1 合(ごう) \[=\] \[\frac{1}{10} \text{升}\] \[=\] 180.39 mL
尺貫法の質量の単位
1 貫(かん) \[=\] 100 両 \[=\] 3.75 kg
1 斤(きん) \[=\] 16 両 \[=\] 600 g
1 両(りょう) \[=\] 10 匁 \[=\] 37.5 g
1 匁(もんめ) \[=\] 3.75 g
単位の換算
空欄に数値入力することで、単位を換算することができます。
\[=\] m
\[=\] \[\text{m}^2\]
\[=\] L
\[=\] kg
ページのトップへ